11.21(月)19:00 トークイベント開催|デザインの思考「一次産業とデザイン」

トリ風土研究所

Sonoの共同創業者であり、デザイナーでもある山中シローさんをホストに、山中さんがこれまでお仕事でご一緒した方や、ちょっと気になる方をゲストにお招きし、お酒を片手にデザインを紐解いていくトークイベントを開催いたします。

記念すべき第一回目のゲストは、「トリ風土研究所」の宮武祐介さんをお迎えして、「一次産業とデザイン」についてのトークセッション。

トリ風土研究所

見た目を「チャチャッ」とオシャレにしてくれると誤解されがちなデザインの仕事を掘り下げて、クライアントとどのように会話を繰り広げ最終的に目に見えるカタチにまで落とし込んでいくのか。そのプロセスをお伝えできればと思っています。

トリの教科書

当日はトリのワークショップでおなじみの「トリの教科書」を実際に解いていただく時間や、トリ風土研究所のチキンカレーもご用意しております。

チキンカレー

デザインに興味がある方はもちろん、何かあたらしいアイデアを温めている方、モヤモヤされている方も必見です。最近マンネリなアナタ、なんか面白そう、という方もぜひ!みなさんお気軽にご参加ください。

—–

まさか自分がホストとなり、ゲストをお迎えしてトークイベントを開催することになろうとは!あくまでも僕はデザイナーなので、「表立って目立つ必要ナシ!」というスタンスなんですが、それでもちょっと前に出ないといけないなと、思うようになりました。そんな時代です。

今回のゲストの宮武さんとは、10年来のお付き合い。トリをきかっけに鹿児島のウシの案件をご一緒したり、それ以降もたくさんの一次産業の仕事に携わってきました。

イベントはこれから定期的開催出来たらとおもっています。ちゃんと続きますかね?みなさんどうぞお手柔らかに。山中シロー

—–

デザインの思考 vol.1「1次産業とデザイン」

日 時 / 11月21日(月)
時 間 / 19:00-20:30 開場 18:30
料 金 / 3,000円(トリの教科書+ワンドリンク+チキンカレー付き)
ゲスト / 宮武 裕右さん(株式会社 トリ風土研究所 代表トリ締役)
会 場 / Workspace Cafe Sono(大阪府豊中市蛍池中町2-5-12 2F 阪急・大阪モノレール蛍池駅 徒歩3分)
定 員 / 先着20名(要予約・定員に達し次第申込終了)
持ち物 / 筆記用具
電 話 / 06-6850-2565(ハイカルチャー・平日:9:00-17:00)

ゲスト
宮武 裕右さん(株式会社トリ風土研究所 代表トリ締役)

株式会社トリ風土研究所 代表トリ締役 1981年生まれ。立命館大学卒業後、2004年、株式会社リクルートHRマーケティング(現:(株)リクルート)を経て、 2011年株式会社リファクトリー設立。2013年株式会社トリ風土研究所、設立。その後、一次産業の加工品開発、販売促進、PRサポート業務に従事。食を通じて、人と人、人と生産地を繋ぐプロジェクトを展開中。

トリ風土研究所
2013年設立。普段の買い物ではなかなか気付くことのない、トリを取り囲むさまざまな問題点を、解体実演を交えながら、おいしく楽しく学べるワークショップイベントを精力的に開催。日本の地域や風土が見直される中、「Food」を「風土」ととらえ、農業高校生が育てた地鶏と消費者をつなぐ、「地鶏復活プロジェクト」を皮切りに、地鶏の普及活動を行う。現在、大阪・堺筋本町に実店舗運営し、同店舗地下一階に「日本の地鶏と世界のワイン」をコンセプトにした会員制ペアリングレストランを併設する。

ホスト
山中シロー(ハイカルチャー)

1974年、函館で生まれ大阪で育つ。京都芸術短期大学(現・京都芸術大学)専攻科映像コース学士課程修了。ゼミでヌーヴェル・ヴァーグに影響を受け、卒業後、単身パリへ向かうも、ポンピドゥー・センター裏のカフェで、「日本についてあまりに何も知らなすぎる」ことを痛感し、1年も経たずに帰国。クラブVJを経て、2004年、デザイン事務所ハイカルチャー設立。グッドデザイン賞受賞。趣味は掃除とお酒。

参加予約はこちらから